匠本舗 数量限定迎春おせち

2016年09月02日

おせち料理

おせちとはそもそもどんな風習なのか。
新年のお祝いというのはなんとなく分かりますが、
その意味を知っている人はそう多くはないのでしょうか?

ということでちょっとしたメモです★
おせち料理の「せち」は「節」であり、
元々は年の初めだけではなく、
季節の変わり目全般を言っていたようです。
そこでやんごとなき人たちの間で広まった食事の文化が一般の人々の間にも広まり、
今にまで受け継がれているそう。

実際食べる段になると、
何も考えず
「ごまめって苦い〜」とか
「なます酸っぱい」とか
「全体的にあっさりし過ぎ」とか思ってしまいますが(個人の感想です、笑)
長いヒトの歴史に思いを馳せてみると、
ちょっと違った楽しみ方ができそう。

日本に来て文化を楽しんでいる外国出身の方は、
真っ白な目で観ているので、
きっと Osechi についてもそういう楽しみ方がお上手なのではないかと思ったりします。
次回はそんなお話について♪


posted by 年越 at 07:51| Comment(0) | おせち料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。